「肥満症のお薬」認可らしい!

0
    11月8日(金)武田薬品のランチョンセミナーをスタッフ全員で聞きました。
    オブリーン錠という肥満症の薬剤がまもなく発売されるとのこと・・・
    海外では、すでに薬局で売っているらしい・・・
    〇藜禅杣を抑制する日本初の肥満症治療薬が保健適応になります。
    ▲螢僉璽爾箸い消化酵素を阻害し、腸管からの脂質吸収を抑制することで体重減少させます。
    F眤∋號辰鮓詐させるとともに、糖尿病、脂質異常症、高血圧を予防、治療します。
    ど作用として、下痢・脂肪便があります。
    ※ただ、ダイエットだけを目的とするお薬ではありませんので、医師の診断が必要です。

    武田薬品さん、ありがとうございました!

    「インフルエンザ感染症最新の話題」

    0
      11月6日(水)はグラクソスミスクラインの「インフルエンザ」の講演会でした。
      興味深い内容のお話でした。
      インフルエンザには、かかりやすい人とかかりにくい人がいる・・・
      そういえば、「私、一度もかかったことがない!」という声が聞こえそう・・・
      遺伝的要因があるそうです。びっくり!
       H7N9型鳥インフルエンザは死亡率も高く、怖いですよね。中国本土の感染者は139人(うち45人死亡)となったようです。
      でも、どうして大流行しないのか?
      これは人人感染はまれに起こるのですが、血縁者にのみ感染する。
      たとえば夫婦間、友達間では感染しないそうです。それで、大流行しない。遺伝子です!

      季節性インフルエンザは、会社、学校などで大流行が予測されます。
      インフルエンザ予防接種は重症化を防ぐものであって、感染は残念ながら防止できません・・・
      しかし予防接種を受けておくと、感染しても症状が軽くてすみます。
      そして会社や学校での大流行も防ぐことができます。

      ところで、どうしたらいいの?受験生・・・
      タミフル・リレンザを予防に1日1回服薬または吸入します。
      保険適用になりませんので、ご注意を。
      皆さん、外出後の手洗い、アルコールでの手指消毒、うがいをしてください。

      by 薬剤師

      「認知症と漢方薬」クラシエに参加して

      0
        クラシエ薬品主催の「アルツハイマー型認知症の新たな診断」に参加させていただきました。

        ●アルツハイマー型認知症にならないための食生活
        青魚を食べる。ビタミンA,B,C,Eが有効。カレー(ウコン)が良い。赤ワインの適度な摂取。野菜ジュース、緑茶が良い。
        ●アルツハイマー型認知症の危険因子
        新聞や読書がまれ。パートナーを要するレジャーが乏しい。頭部外傷。散歩をしない。歯が半分以上ない。
        ●治療
        専門的なことは、ともかく「抑肝散加陳皮半夏」をアリセプトなどに追加して服薬すると良いということ。

        私は、単純なので、その日はカレーを食べました・・・
        診断も、簡便なものを利用し、クリニックの「もの忘れ外来」に役立てていきたいと考えています。

        by 院長


         

        ランチョンセミナー「抗うつ剤の隠れた側面」

        0
          10月25日(金)院内ランチョンセミナーがありました。
          抗うつ剤としてSSRIがよく使われますが、SSRIの中でも特徴があるのですね。
          ルボックス(フルボキサミン)は、睡眠に悪影響を及ぼさない。強迫性障害、摂食障害などに比較的効くようです。
          「何かをしなければならない、自分のこの行為をやめたいけれどとまらない」・・・このような考えかたを緩和するために継続してルボックスを服薬すると良い。
          疾患自体が、本当に長期にわたるので、カウンセラーとしても頭が痛いところです。院内でも十分検討していきたいと考えています。
          また、「うつと頭痛」を考えると、確かに併存していることが多いですが、ルボックスが痛みにもよさそうだ・・・ということです。
          エビデンスがまたどんどん出てくると思いますので、期待しています。

          アボット・ジャパンさんのセミナーでした!
          ありがとうございました!
          薬剤師より

          <感染症のお話>in横浜

          0
            大正富山医薬品(株)主催の講演会に出席させていただきました。
            そう、日本発クラリスの・・・
            衝撃が大きかったので薬剤師の立場ではなく、家庭の主婦の立場から発信しまーす!

            皆さんどこから、お部屋のお掃除をしますか?
            床の掃除機がけ、棚の拭き掃除・・・そうですよね。私も・・・
            ところが、感染症の立場から考えると、ドアノブ、手すり、電気のスイッチが重要・・・エッ?
            ばい菌は床にいても、扇風機で巻き上げない限り空中に舞い上がらない。
            ドアノブは、家族のみなが触りまくる、つまりばい菌だらけ・・・
            あっ、だから病院もスリッパではなく靴でOKなんだ。なるほど!

            手洗いは、まず石鹸ですよね・・・では、皆さんその詰め替えはどうしてますか?
            詰め替え用を、つぎ足している・・・ダメダメ。古い洗剤にはもうばい菌がいる!
            容器を空にして、乾かしてから石鹸やシャンプーをいれる・・・が正解。
            特に浴室のシャンプーは水を含みやすいので、緑膿菌が繁殖している・・・
            ここまでで、私は気絶しそうになりました・・・今まで緑膿菌シャンプー・・・してたの私?

            アルコール消毒は?どうでしょう?
            これはピンポーン!保湿剤入りのアルコールは石鹸で何回も手を洗うより手に優しいそうですよ。
            そして、アルコールの抗菌作用を使わない手はない・・・
            ウン、うちにもアルコール消毒薬を置いておこう!
            私は講演会の後、家に帰って、しばらく呆然。手を洗いながら呆然。

            ※医療のお話でインフルエンザの予防接種は妊婦さんはしてください!とのことです。
            催奇性はないそうです。妊婦さんはインフルエンザに感染すると重症化しやすいそうです。
            また、胎児の神経系はとても弱いそうです。

            眠くなってしまったので、この続きは後日・・・尻切れトンボでゴメンナサイ・・・
            では、おやすみなさいzzz_zzz_zzz_zzz
            Miura Masumi 



             

            <健康寿命講座2013>MSDに参加して

            0
              みなとみらい内科クリニック、薬剤師の三浦真澄です。

              皆さん、膝や腰が痛いことはありませんか?
              メタボリックシンドロームと診断されたりしてませんか?
              心の問題(うつ病など)や認知症で悩まれていませんか?
              ウンウン、たくさんの人が当てはまるなー。私も最近、長距離歩くと右ひざが「いたっ!!」また同じ姿勢を続けていると腰が「いたっ!!」・・・思い当たります!!

              初めて聞いた「ロコモティブシンドローム」つまり「ロコモ」。名前はハワイアンぽくてかわいい・・・
              骨・関節・筋肉の機能低下により生活に支障をきたしたり、65歳以上になって要介護になってしまう・・・いやですよね。
              このような運動機能低下のことを「ロコモ」って言うんですって。こわっ!

              じゃ、どうしたらいいの??・・・該当する方、私も含めて??・・・
              ・パソコンを長時間見ている人:いすの上で膝を抱え込むように前屈して背中の筋肉を伸ばしましょう!
              ・重いものを持つ仕事の人:両腕をあげて、しっかり立って体を後ろに反らしてください!
              ・いすに座った状態で片足ずつ、床からまっすぐ伸ばして、20cm位、3秒間上げてゆっくりおろす→これを5回→次に反対の足も行います(20秒ほどのストレッチ)で足の筋力がつく!

              ここまでなら、私もできそう。皆さんもできますね。
              さらに、今の生活より10分からだをうごかすことで「ロコモ」は予防できる。
              ウン、意識すればできそうですね。これは「プラス10」(ぷらすてん)と覚えるとよいようです。

              この講演のフィナーレはやはり「フォサマック」で、骨粗しょう症はしっかり治療しましょう!ということでした。勉強になりました。

              昨晩の、東京タワーや銀座の夜景がきれいでした!ちょっと曇っていたのが残念・・・
              MSDさん、講演をしてくださった先生方に感謝!です。
              ありがとうございました!

               

              <全国エパデール講演会>に出席して

              0
                土曜日の午前中の診察を終えて。
                スタッフが帰った後、これから講演会へ!

                みなとみらい内科クリニックの院長、三浦です。
                今日、グランドプリンスHT新高輪で行われたエパデール講演会に招待され行ってきました。
                エパデールが1990年日本発で開発された薬剤であること、高純度EPAにこだわって現在まで至っていることに改めて感激しました。
                欧米ではサプリメントとして、中性脂肪の高い、メタボの人に人気だったようです。でも純度が・・・
                生活習慣の指導で「いわしを食べよう!」といわれても、そんなには食べられない!
                やはり、中性脂肪が高値の人、メタボの患者さんには積極的にエパデールを処方していきます。
                そして、今後予測されるであろう、心筋梗塞、脳卒中を予防していきたいと強く思いました。
                医学的にはEPA/AAを検査していくことも、実臨床で実践してまいります。
                懇親会のお料理もおいしくいただきました。持田製薬さんありがとうございました!!