<感染症のお話>in横浜

0
    大正富山医薬品(株)主催の講演会に出席させていただきました。
    そう、日本発クラリスの・・・
    衝撃が大きかったので薬剤師の立場ではなく、家庭の主婦の立場から発信しまーす!

    皆さんどこから、お部屋のお掃除をしますか?
    床の掃除機がけ、棚の拭き掃除・・・そうですよね。私も・・・
    ところが、感染症の立場から考えると、ドアノブ、手すり、電気のスイッチが重要・・・エッ?
    ばい菌は床にいても、扇風機で巻き上げない限り空中に舞い上がらない。
    ドアノブは、家族のみなが触りまくる、つまりばい菌だらけ・・・
    あっ、だから病院もスリッパではなく靴でOKなんだ。なるほど!

    手洗いは、まず石鹸ですよね・・・では、皆さんその詰め替えはどうしてますか?
    詰め替え用を、つぎ足している・・・ダメダメ。古い洗剤にはもうばい菌がいる!
    容器を空にして、乾かしてから石鹸やシャンプーをいれる・・・が正解。
    特に浴室のシャンプーは水を含みやすいので、緑膿菌が繁殖している・・・
    ここまでで、私は気絶しそうになりました・・・今まで緑膿菌シャンプー・・・してたの私?

    アルコール消毒は?どうでしょう?
    これはピンポーン!保湿剤入りのアルコールは石鹸で何回も手を洗うより手に優しいそうですよ。
    そして、アルコールの抗菌作用を使わない手はない・・・
    ウン、うちにもアルコール消毒薬を置いておこう!
    私は講演会の後、家に帰って、しばらく呆然。手を洗いながら呆然。

    ※医療のお話でインフルエンザの予防接種は妊婦さんはしてください!とのことです。
    催奇性はないそうです。妊婦さんはインフルエンザに感染すると重症化しやすいそうです。
    また、胎児の神経系はとても弱いそうです。

    眠くなってしまったので、この続きは後日・・・尻切れトンボでゴメンナサイ・・・
    では、おやすみなさいzzz_zzz_zzz_zzz
    Miura Masumi